Prince Edward Island
  • 6 May 2015

    カナダ観光局(日本地区代表:モリーン・ライリー)は、2015年5月1日より、カナダに関する選りすぐりのコンテンツを集めた総合ポータルサイト「カナダシアター」をオープンしました。このウェブサイトは2017年7月1日の建国150周年に向けたプロジェクトの一環として企画されたもの。本サイトでは、カナダの魅力を伝える10のテーマを切り口に、動画や物語、特集記事、ブログ、さらにはツアー情報まで、多彩なコンテンツを通してカナダの知られざる魅力や旅の情報を紹介します。ユーザーに対して、まるで“シアター”のように楽しみながら、新しいカナダの魅力に触れていただき、今までにない旅のアイデアを創造する機会の提供を目的としています。

    1.カナダの原点を探る10のテーマ

  • 29 September 2014

    NHK連続テレビ小説『花子とアン』は、9月27日に最終回を迎えました。
    最終回の視聴率は22.3%、そして初回(3月31日放送)から最終回までの期間平均視聴率は22.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。これは過去10年の朝のドラマでの最高記録となりました。

    ドラマを通して、今まで以上に「赤毛のアン」やプリンス・エドワード島に興味を盛った方におすすめしたいのが、単行本「赤毛のアンと世界一美しい島 プリンス・エドワード島パーフェクトGuide Book」(マガジンハウス)です。

  • 15 June 2014

    2014年3月31日からNHKの連続テレビ小説『花子とアン』がスタートしました。これはカナダ東部のプリンス・エドワード島を舞台にしたL.M.モンゴメリの小説「赤毛のアン」の翻訳者、村岡花子の波乱万丈の半生を描いた「アンのゆりかご-村岡花子の生涯」(原案:村岡恵理)をドラマ化したもの。アンのように明日を信じ、夢見る力を信じて生きた花子を描いたドラマは、初回放送の平均視聴率が21.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど、現在でも高視聴率を更新中です。番組のオープニング映像では、「赤毛のアンの家」として観光客の人気を集めるグリーン・ゲイブルズ・ハウスをはじめとした、プリンス・エドワード島の美しい風景が登場します。

  • 23 January 2014

    今年は、カナダの連邦結成の礎となった歴史的なシャーロットタウン会議から150年目に当たります。その舞台となったプリンス・エドワード島(PEI)は、150周年記念の祝賀ムードに包まれます。詩人や政治家を輩出した島であるとともに、オイスターやロブスターを堪能できる島でもあるPEIへぜひお越しください。

  • 28 May 2013

    ユニークなカナダ冒険旅行の始まりです。 カナダ観光局 (CTC)とVIA鉄道が、TBEX (Travel Blog Exchange) 北米会議への旅行を機にカナダを発見してもらおうと、世界最高の旅行ブロガー、作家、写真家たち28人をカナダ旅行に招待しました。

    CTCの主要マーケットとカナダ国内から参加した28名のブロガーは、カナダを別の角度から発見し、その体験をブログに掲載するために、カナダ各地からトロントに向け、鉄道で旅行しています。

  • 17 February 2013

    カナダの魅力を旅行者目線で紹介する「KEEP EXPLORING」ウェブサイト。同サイトでは、実際にカナダで感動体験をした旅行者の美しい写真や迫力ある映像を通して、"本物のカナダ"を伝えています。

  • 3 December 2012

    この夏、カナダ観光局(CTC、ブリティッシュ・コロンビア州‐バンクーバー)では、カナダ人に母国のPR活動への協力を呼びかけたところ、カナダらしいシーンを収めた多数の動画・写真が全国から寄せられました。素敵なカナダ観光の“招待状”を世界に発信できるのは、やはり毎年何百万人にも上る観光客を実際に迎え入れている地元カナダの人々が最適というアイデアから、このプロジェクトはスタートしました。

  • 31 July 2012

    6月後半から9月にかけて、プリンス・エドワード島では様々なベリー類が実ります。ベリー(Berry)=「実」という意味で、PEIによくある代表的なものはストロベリー、ラズベリー、ブルーベリー、クランベリー、ブラックベリーなど。野生でもそこら中に実っていますし、栽培もしています。

    もともとこのあたりの先住民族であったミクマックインディアンの方々は、冬は本土に住み、夏になると魚介類をとったり、ベリー類を採集したりするために島に渡ってきていたそうです。ヨーロッパ人が来る前から“ベリー”で有名だった島なんですね。この肥沃な赤土がきっと、ベリー類が育つのに適しているんでしょう。

  • 17 July 2012

    プリンス・エドワード島と言えば「赤毛のアン」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、シャーロットタウンでは今年で48年を数えるロングランのミュージカル『赤毛のアン』が夏の間、上演されています。
    http://www.charlottetownfestival.com/en/2-Anne-of-Green-Gables-The-Musical

    1964年に、カナダの建国会議100周年を記念して建設されたコンフェデレーション・センターのオープニングセレモニーにて、記念式典用に書かれた短いミュージカルが発表されました。それをご覧になったエリザベス女王が大変お喜びになって、続きはないのかとおっしゃっていただけたのが、始まりと聞いています。それ以来、1965年から毎夏コンフェデレーション・センターで上演され、アメリカや日本にも遠征に行っています。

  • 4 July 2012

    プリンス・エドワード島と本土を結ぶ全長12.9kmのコンフェデレーションブリッジ。島がカナダ連邦に加盟した当時からの悲願であったという連絡橋です。日本でよくあるつり橋とは違い、コンクリートの支柱でで支えるタイプのこの橋は、シンプルに見えますが、いろいろな技術が使われていて、世界中の橋建設の専門家たちにはよく知られているそうです。つい最近、日本の橋建設に携わっている友人(赤毛のアンを読んだことがないであろう男性)に、コンフェデレーションブリッジのことを知っているといわれてびっくりしました。そんなに有名だったんですね!

Ontario,Georgian Bay - 背景画像を見る