カナダ通の ブログ

ブログのトップページに戻る

「Preloved・プリラブド」

著者 Yuki Nakamura

人間の生活がここまで豊かになると物のありがたさがなかなか実感できない、価値が薄れると感じている人も多いのではないでしょか。テレビが初めて登場した時代に生きた父は穴の開いた靴下でも捨てずに繕ってはき続け、母は父の古い服を解いて娘たちに人形を作ってくれました。そんな環境で育ちながら、物を捨てることに何の抵抗も感じない人間に育ってしまった私。安いものを買っては1~2年のサイクルでお払い箱にするという習慣がついています。

個人的な話になりますが、私はブランド商品を身に着けることに抵抗を感じるタイプです。その理由はブランドの宣伝を無償でやっているような気がしますし、人と同じファッションが嫌だからです。できるだけ個性的な服を選びたいという思いから、布地を買って自分で服を作ることも試みました。しかし、布だけでなくジッパーやボタン、糸やゴムなどの材料費は意外と高く、製作の手間、暇を考えると既製品を買った方が安いという結論に達しました。

そんなある日、トロント・ダウンタウンを歩いていると”Preloved”と書かれた店のウインドウに飾られたファッショナブルな服が私の目に留まりました。その店で扱っている服やバックなどの小物はリサイクルから一歩進んで、「アップサイクル」をモットーに異なった素材を使って作られた一点物。「プリラブド」のオーナー、ジュリア・グリーブさんは古着を自ら選定し、まとめて購入。クリーニング後、フラットにされた布地はデザインチームによって新たなデザインが与えられます。

Prelovedによりアップサイクルされるセーターは年間で80,000枚。50,000本のズボンと10,000枚のシャツ、7,000枚のトレンチコート、変わった素材としては使い古しのカーテンなどが新しいファッションアイテムとして生まれ変わります。北米で有名なモデルや女優、ミュージシャンでPrelovedの魅力を発見した人はジュリア・ロバーツ、キルスティン・ダンスト、ヒラリー・ダフ、ケイト・ハドソンなどなど。

夏から秋のファッションに衣替えした店内には様々な色と模様のクリエーションが並びます。一点物だけに、一つ一つ手に取ってじっくり見ていきますが、私の心をとらえた作品はワインレッドとグレーを基調にしたブレザー。袖に斜めに入ったシーム。邪魔にならない小さ目の襟。柔らかいトレーナー地を使っているので、体にピッタリフィットして、着心地が抜群!こんなに軽くて肌に心地よいブレザーがこれまでにあったでしょうか?フォーマルとカジュアルの中間を行くオリジナリティー溢れるこのブレザーのお値段は$69(およそ5,500円)。世界にたった一つの”One of a Kind”アイテムということで私の満足度は100%に達し、迷わず購入。帰宅して直ぐにボタンをグレーの一回り大きな物に付け替え、更に個性を強調する楽しみも味わいました。器用な人ならこのジャケットから型紙をとり、オリジナルを作ることも出来るかも?

最近、ホームライン、アクセサリーライン、そしてme*meと名付けらえたチルドレンラインも加わり、デザインとアイテムがさらに充実したPreloved。リサイクルから一歩進んだアップサイクルの面白さを実感できるトレンディなお店Prelovedで、地球に優しいコンセプトと魅力溢れるファッションアイテムを見つけてみてはいかがでしょうか。

Preloved プリラブド・トロント店
881 Queen Street West
Toronto, Ontario, M6J 1G5
416-504-8704
www.preloved.ca

Bookmark and Share
Ontario,Georgian Bay - 背景画像を見る