カナダ通の ブログ

ブログのトップページに戻る

カナダの野生動物-オオカミ-

著者 Yuichi Takasaka

日本では既に絶滅してしまったオオカミ (Gray Wolf/Timber Wolf)ですが、カナダではいまだに見かけることの出来る野生動物です。私もイエローナイフ付近で数回、以前住んでいたナス谷付近で何度も見ていますが、撮影はなかなか難しいです。

縄張りが広いために村人が目撃したという場所に直ぐに行ってもなかなか見つけられません。撮影のためには居そうなところで待ち続けるのが最良でしょうが、ある時たまたま5頭の群れに出くわしたことがあります。リーダーなのか真っ黒で他の個体より大きめのオオカミの周りに4頭の灰色のオオカミが凍った湖の上に居ました。移動するのを30分ほど眺めたでしょうか。こちらに向かって来たのでかなり近くで観察できました。

オオカミ
http://www.blue-moon.ca/recent_album/No121.html

オオカミ同様犬の仲間で一回り小さいコヨーテ (Coyote)はバンクーバー市内にも現れます。数年前には住宅街の家の庭で赤ちゃんが襲われたこともありますので注意が必要ですね。

コヨーテ
http://www.blue-moon.ca/recent_album/No053.html
http://www.blue-moon.ca/recent_album/No120.html

犬の仲間で更に小さいのがキツネですが、この3種の見分け方は下記を参照してみてください。

オオカミ
 http://www.blue-moon.ca/recent_album/No034.html
全般的に灰色、たまに白や黒もいるが同じ種類
体に比べて脚が細く長い、足は大きい
走るときには尾を水平に伸ばす

コヨーテ
http://www.blue-moon.ca/recent_album/No052.html
顔に比較して耳が大きい
体に比べて頭が小さい
尾の先端が黒い
走る際に尾が垂れる

キツネ
 http://www.blue-moon.ca/recent_album/No030.html
体全般に赤みがかった橙色
体に比較して尾の長さが突出している
頭が大きい
脚の下部が黒い
尾の先端が白い
走る際には尾が水平

Ontario,Georgian Bay - 背景画像を見る