ストーリーアイデア

オタワのチューリップと文化に魅せられて

自然と文化が調和している首都オタワ。毎年5月になると約300万本ものチューリップが開花して、街中がチューリップで彩られます。

著者 Masayo Hando

カナダの政治の中心でありながら自然と文化が調和している首都オタワ。毎年5月になると約300万本ものチューリップが一斉に開花し、街中がカラフルで愛らしいチューリップで彩られます。このオタワのチューリップ。実はカナダとオランダの友好の証なのです。第2次世界大戦中、カナダ政府は、ナチス・ドイツ占領下から亡命してきたユリアナ王女と娘を受け入れ、オランダの開放と復興に大きく貢献しました。その時にオランダ王室が滞在したのがオタワなのです。戦後、祖国に戻ったオランダ王室から感謝の意をこめて10万株のチューリップがカナダに贈られました。以来、毎年1万株以上のチューリップの球根が贈られ続けています。これが発展して1953年から毎年5月に「カナディアン・チューリップ・フェスティバル」が開催されるようになりました。

チューリップ・フェスティバル開催中は、街中が色とりどりのチューリップで埋め尽くされます。30万本ものチューリップが見られるというコミッショナーズ・パークをはじめ、国会議事堂やシティホール周辺、ガティノーなどでは、美しいチューリップのほか、コンサートやパレード、カヌーレースなど、さまざまなイベントが目白押し。毎年約100万人の人々で賑わいます。美しくライトアップされる国会議事堂での花火大会など、生花だけではない華麗なる花の演出も見逃せません。街中に咲き乱れるチューリップの鑑賞は、ゆっくり歩いて回ることも、レンタサイクルで回ることも可能です。期間中はチューリップルートを巡回するバスも運行しているので便利です。

オタワには、チューリップのほかにも楽しみ方がたくさんあります。世界遺産に指定されている全長202メートルのリドー運河、カナダ文明博物館やカナダ国立美術館など本格的な文化体験を味わえます。さらに、オタワ川クルーズやサイクリングなどアクティビティも可能です。

今年のチューリップ・フェスティバルは5月3日から20日まで。今年はオタワで鮮やかに彩られたチューリップに囲まれながら、素敵な時間を過ごしてみませんか。
www.tulipfestival.ca

プリント
使用法

We welcome you to use these story ideas as inspiration for your own stories about Canada. The CTC owns all rights worldwide. (Our images are also royalty-free and available for editorial print, broadcast and electronic use.) If you choose to reproduce these texts for editorial use only, please include the author's byline and "courtesy of the Canadian Tourism Commission." If you cut, edit or modify the text in any way, please include this note: "The text has been modified from the original." Thank you.

タグ:
Big map here.
Ontario,Georgian Bay - 背景画像を見る