2010 ストーリーアイデア

カナダのイヌクシュク:歴史ある五輪には、歴史あるシンボルを

Inuksuit—Silent Messengers of the Arctic and Tukiliit(イヌクシュク―北極の無言のメッセンジャーと石像)』などの著書がある作家ノーマン・ホーランディさんに、石をさまざまに組み合わせた構造物であるイヌクシュクが、オリンピックのシンボルとして理想的である理由を聞いてみました。

 

バンクーバー2010冬季オリンピック・パラリンピック競技大会のシンボルを初めて目にしたとき、国際的なメンバーからなる選定委員会が選んだにもかかわらず、「イヌイット風のデザインを採用したのはなぜ?」と不思議な感覚を覚えました。そもそも、この石積みのモチーフとなったのは、北極圏の先住民が創り出した遺産「イヌクシュク」で、バンクーバーがあるブリティッシュ・コロンビア州の西海岸あたりから見れば、縁もゆかりもないはるか遠く離れた地のシンボルなのですから。

『Inuksuit—Silent Messengers of the Arctic and Tukiliit(イヌクシュク―北極の無言のメッセンジャーと石像)』などの著書があるオンタリオ州在住の作家ノーマン・ホーランディさんは、石をさまざまに組み合わせた構造物であるイヌクシュクは、オリンピックのシンボルとして理想的と言います。その理由を聞いてみました。
ホーランディさんによれば、イヌクシュクにはオリンピックと同じように長い、長い歴史があります。中には古代オリンピックと同時期の3千年前に造られたものもあります。イヌクシュクは頑丈です。北極から吹き付ける風にも耐え抜いてきました(もっとも、ホッキョクグマがいたずらすることはあるようですが…)。イヌクシュクにはいろいろな意味が込められています。道標の役割を果たすものもあれば、食料の貯蔵場所を示すものもあります。崇拝の対象となっているものもあります。イヌクシュクは過去と現在を結びつける存在でもあります。その姿を前にすると、感動と畏敬の念を禁じ得ません。そして多くの人々が一目見ようと各地から訪れます。どこかオリンピックに似ていますね。
実物を見たくなったら、とにかく北へ。イヌクシュクは、いわばイースター島のモアイ像の北極版です。モアイ像と同じように遠く離れた地に存在します。ケベック州 モントリオールから、ヌナブト準州の首都イカルイトまで、ほぼ4時間のフライト。そこからさらに飛行機で現地へ。
 
ケープ・ドーセット:ボートでイヌクシュク・ポイントへ。100体を超えるイヌクシュクが、あたかも斜面を行進しながら下りてくるような光景は圧巻です。
 
キミルート:昔のカリブー狩りの男たちが、魚の釣れる漁場の目印として、丘の上や川に積み上げました。
 
Qikiqtarjuaq(旧称ブロートン島):「世界の氷山の都」を謳うエリアには、1体のイヌクシュクが丘の頂から町を見守っています。
 
マニトバ州ウィニペグを起点にした観光も可能です。
 
ランキン・インレット:歴史が浅く自立像ではありませんが、高さ4メートル超のヌナブト最大のイヌクシュクです。
 
イヌクシュクの詳細はこちら

プリント
使用法

We welcome you to use these story ideas as inspiration for your own stories about Canada. The CTC owns all rights worldwide. (Our images are also royalty-free and available for editorial print, broadcast and electronic use.) If you choose to reproduce these texts for editorial use only, please include the author's byline and "courtesy of the Canadian Tourism Commission." If you cut, edit or modify the text in any way, please include this note: "The text has been modified from the original." Thank you.

タグ:
Ontario,Georgian Bay - 背景画像を見る